病院代を安くする節約方法

病院代を安くする節約方法

病院代(医療費)もやり方によっては、安くすることができます。
医療費の節約法を使って、少しでも病院代を安くしましょう。

 

例えば、代表的なものを挙げると

 

1.かかりつけの医者をつくる
2.いきなり大病院に行くと特別な料金がかかる
3.はしご受診はしない
4.病院に行く時間に注意
5.病院代が高額になった時は
6.ジェネリック医薬品はお得な薬
7.入院するなら月初めが良い
8.医療費控除を知らないと損です!!

 

病院代に係る節約方法ならびに 疑問点
まとめていますので、ご覧ください。
これを活用して少しでも医療費(病院代)を節約してください。

 

特に、入院して多額の病院代(医療費)を支払った場合は、大きな

金額が申請することで戻ってくる場合がありますので活用してくだ
さい。

 

参考例

1ヶ月の窓口で支払った金額というのは、病院での医療費の計算
単位が、月の1日から月末までとなっているために、高額医療費の
対象になるかどうかという1ヶ月の費用も月の1日から月末までで
判断されるようになっています。

 

では、実際に一般所得ランクの方で高額療養費制度でどのくらい
負担が軽減するか計算してみましょう。
 
仮に、医療費総額が100万円であった場合には、窓口で支払う
自己負担額は、3割負担であれば、30万円という大きな金額に
なってしまいます。

 

このような場合でも、下の計算式で求めた金額 212,570円が
申請することにより戻ってきます。
                                  (自己負担額)
80,100円+(総医療費100万円−267,000円)×1% = 87,430円
したがって、300,000円−87,430円=212,570円が戻ることになります。

 

また、数ヶ月に及ぶ入院などの場合で、直近12ヵ月間で上記のような
高額療養費として払い戻しを受けた月数が3回(3月)以上あると、次の
4回目からは、さらに減額され一月の支払いの上限が44,400円に抑えられ
ます。(これを多数該当と呼びます)

 

  つまり、毎月5ヶ月間 総医療費が100万円かかっていたとすると
      病院窓口で支払額       高額療養費として戻って来た
                         金額を差引いた自己負担額
1ヶ月目     300,000円            87,430円
2ヶ月目     300,000円            87,430円
3ヶ月目     300,000円            87,430円
4ヶ月目     300,000円            44,400円
5ヶ月目     300,000円            44,400円
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 合 計    1,500,000円           351,090円

 

 その差、 1,148,910円 となります。

 

この制度については、知っているか知らないかの違いがすごく大きな
差になって来ます。

 

 
実際に病気にかかっていなくても、このような公的医療保険の制度を
知っているか知らないかで、民間の医療保険にどれくら入れば良いか
の目安も変わってきます。

 

最近の保険は、持病をもっていても入れる保険も数多く出てきています。

 

病院通いで持病持ちのため、保険には入れないと思っていても、 
今からでも入れる保険が、近年、色々と出てきています。

 

 自分でも入れる保険を探すなら、ここに相談してみてください。 → クチコミで広まった無料保険相談

 

 

 

 

病院代を安くする節約方法  のトップページに戻る