病院代を安くする節約方法

交通事故等の病院代はどうなるの?

交通事故でけがをして入院や通院が必要となった場合、自分が加入
している「健康保険」の保険証を使って受診しておくことが安全です。

 

病院によっては、「交通事故の場合は、自由診療しか受け付けません」
等のことを言われる場合もありますが、健康保険を使って受診できます。
ただし、業務中・通勤途中の交通事故であれば労災保険となります。

 

厚生省からは交通事故でも健康保険が使える旨の通達が達が出されて
います。(昭和43年通達106号)

 

健康保険か自由診療のどちらの方法で治療してもらうかは、あくまでも
健康保険の被保険者である患者が決めることなのです。

 

健康保険で治療してもらうには、自分が加入している健康保険の保険者
に第三者行為届けというものを提出する必要があります。

 

 

本来、自動車事故等の第三者行為によりケガをしたときの治療費は、
加害者が負担するのが原則です。

 

健康保険を使って治療を受けることができますが、この場合、加害者
が支払うべき治療費を健康保険が立て替えて支払うこととなります。

 

自分の健康保険側が建て替えた治療費を請求する際に「第三者行為に
よる傷病届」が必要となりますので、すみやかに提出する必要があり
ます。

 

健康保険を使った場合と自由診療になった場合の治療費の違い

 

健康保険を使った治療の場合、治療費の基準となる医療点数の単価は、
1点あたりどこの病院でも10円と決まっています。
ところが、自由診療の場合は(病院によっても異なりますが)、1点
あたり15円〜20円で計算されることになります。

 

つまり、健康保険の約2倍なのです。

 

 

 

病院代を安くする節約方法  のトップページへ戻る