病院代を安くする節約方法

医療費が高額になりそうなときは限度額適用認定証を利用しましょう。

入院はもとより、外来で病院の診療を受ける場合でも、薬局で薬代を
支払う場合でも、、1ヵ月 (1日から月末まで)の窓口での支払いが
自己負担限度額を超えるとそれ以上は、請求されないようになります。

 

 

限度額認定証というものを保険証に添えて出せば、このような制度を
受けることができます。

 

 

例えば、

 

外来の場合
70歳未満の方で、所得区分が一般の方であれば、
同じ月の中で同じ病院に2回ほど治療に通った場合ですが、

 

 

1回目にかかった医療費の総額が20万円であると自己負担額はその
3割の60,000円

 

2回目にかかった医療費の総額も20万円であると自己負担額は1回目
と同様に3割の60,000円となりますが、

 

高額療養費が適用されることにより、1回目と2回目の合計の自己
負担限度額は、81,430円になるので、2回目の支払いは、21,430円で
済むことになります。

 

自己負担限度額は、こちらを参照ください。

 

自己負担限度額=80,100 円+(総医療費−267,000 円)×1% なので

 

           =80,100 円+(400,000円−267,000 円)×1%

 

           =80,100 円+ 1,330 円

 

           =81,430 円

 

 

薬局の場合も同様ですが、薬代は病院での診療代を含めて考えることが
できるので、薬代として上記と同様に2回の総医療費が400,000円と
その薬を処方してもらうために行った病院で1回目、2回目がそれぞれ
医療費が10,000円ずつかかり、支払いをその3割の3,000円を2回支払っ
たとすると 病院+薬局での自己負担限度額は、81,630円なので、申請
することにより病院で支払った3,000円×2回分=6,000円の内、5,800円
が帰ってくることになります。

 

自己負担限度額=80,100 円+(総医療費−267,000 円)×1% なので

 

           =80,100 円+(420,000円−267,000 円)×1%

 

           =80,100 円+ 1,530 円

 

           =81,630 円

 

戻る金額     = 病院と薬局で支払った額 − 自己負担限度額

 

           = (81,430 円 + 6,000 円) − 81,630 円

 

           = 87,430 円 − 81,630 円

 

           = 5,800 円

 

 

次の 子供を出産する時の入院費は に進む

 

病院代を安くする節約方法  のトップページに戻る