病院代を安くする節約方法

はしご受診はしない

病気やけがの治療中に、「なかなか症状がよくならないから」とか
「新しくできた病院の方がよさそうだから」等、安易な自分の考えで
病院を変えるのは、「はしご受診」と呼ばれ、患者側に大きなデメリット
になる可能性があります。

 

病院を変えるとその都度初診料(約2,700円)がかかり、検査もその病院
ごとに最初から繰り返す必要があり、身体に大きな負担がかかると共に、
金銭的にももったいないです。

 

どうしても現在の病院に満足できない場合

 

その@
 現在かかっている病院では受けられない専門的な検査や治療を望む
 場合などは、主治医に相談して紹介状を書いてもらいましょう。

 

 紹介状により、転医先に今までの検査結果や経過が伝えられるので
 すでに実施した検査や治療の重複を避けることができる上、初診料
 に特別料金が加算されることもありません。

 

 ただし、この場合は、通常の紹介状の料金2,500円(保険適用あり)
 がかかり、3割負担では自己負担が750円程、かかることになります。

 

そのA
 がんなどの重大な病気と診断され、その診断結果や治療法について
 納得できない、あるいは疑問や不安がある場合などは、「セカンド
 オピニオン」を申し出ることもできます。

 

 セカンドオピニオンとは、患者が納得できる診断・治療を受ける
 ために、主治医以外の医師の意見を求めることをいい、セカンド
 オピニオンを申し出ると、主治医は紹介状に加えて検査結果や画
 像情報など必要な情報を紹介先に渡してくれます。

 

 セカンドオピニオン用の紹介状は、料金5,000円(保険適用あり)
 がかかり、3割負担では自己負担が1,500円程、かかることになり
 ますが、健康保険が適用され、
 初診時の特別料金加算や検査等の重複がなくなるので、結果的
 に医療費の節約になります。

 

 

次の かかりつけの医者をつくる に進む

 

病院代を安くする節約方法  のトップページに戻る