病院代を安くする節約方法

保険証があるから病院の窓口支払は安い

病院に行って診察してもらい、最後に病院代(医療費)の支払いを
する訳ですが、健康保険が使える診療であれば、かかった全体の医療費
の3割の自己負担で済みます。(70歳以下の方)
 

 

これは、加入している健康保険から7割部分が支払われているので
自分自身の負担は、残りの3割で済んでいるのです。

 

 

ですから、きちんと健康保険に入っていなかったり(退職などして
次の健康保険に入ってない場合など)、保険料を支払っていなくて
健康保険の資格を失っていると、保険証自体はもっていても、無効
であり、後で、7割部分を請求される場合もありますので、注意して
ください。
 

 

加入している健康保険から医療費の一部が支払われていることを
『医療の現物給付』といい、健康保険が使える医療費については、
自己負担分のみの支払いで済みますが、 食事代・差額ベッド代・
文書代等の保険外の部分は、対象外です。

 

年齢や収入によって負担割合は 1〜3割となります。

未就学児 6歳に達する日(誕生日の前日)以後の最初の3月31日まで 2割
就学児〜69歳   3割
70〜74歳 平成26年4月1日までに70歳の誕生日を迎えた方 1割
平成26年4月2日以降に70歳の誕生日を迎える方 2割
現役並みの所得者 3割
75歳以上 原則 1割
現役並みの所得者 3割

 

 

70歳以上の方は、保険証とは別に高齢受給者証というものが、
70歳になる時に送られてきます。
これは病院窓口の負担割合を示す証明書で、医療機関では
必ず保険証と併せて提示が必要です。

 

 

病院代を安くする節約方法  のトップページに戻る