病院代を安くする節約方法

保険証を忘れた場合は、

通常、病院を受診する時は保険証を持参するのですが、出張や旅行
などで、遠方に出ている場合にどうしても病院に行かなければなら
なくなった時は、診察代は一旦、全額自己負担することになります。
 
これは、病院側は患者が正当な健康保険加入者であることを保険証
により確認する義務があるからです。

 

自分の保険証の記号と番号が、控えてあるかコピーを持っていること
でわかる場合は、病院によっては保険証に記載されている保険者に
保険証の有効性を確認することにより、保険適用として3割部分の
支払いのみで済ませてくれるところもあります。
 

 

あとで、診療明細書や領収書を加入している保険者(保険証を見ると
保険者名 ○○健康保険組合、全国健康保険協会、△△市 など明記
されています)に提出することにより、本来受けるべき7割部分を返
してもらうことができるようになります。

 

 

手続きは、加入している保険者(健康保険組合、市区町村)の窓口で
あったり、郵送でも対応しているところもありますので、電話して必要
書類を送ってもらい、それを返送することで対応可能な場合もあります。

 

 

ちなみに、中小企業にお勤めの方は、全国健康保険協会に加入して
いる場合が多いと思いますが、全国健康保険協会では、提出する申請書
をホームページからダウンロード(印刷)して、記入後、郵送により
手続き完了となります。

 

次の 海外で病院にかかった費用はどうなるの に進む

 

病院代を安くする節約方法  のトップページに戻る