病院代を安くする節約方法

健康保険が使えない診察は?

保険証を持っていても、健康保険の対象とならずに、全額自己負担と
なる代表的なものを挙げてみると、

 

▲健康診断や人間ドック
  ただし、結果的に異常またはその疑いが発覚した場合の検査・治療
  には健康保険証が使用できます。

 

▲予防注射
  ただし、ハシカ、破傷風、百日咳、狂犬病の場合に限り、 感染の
  恐れがあるときに認められます。

 

▲美容整形
  ただし、ケガの処置のための整形手術、斜視などで労務に支障を
  きたす場合、 生まれつきの口唇裂、他人に著しい不快感を与える
  ワキガなどは、認められる場合があります。

 

▲歯列矯正、インプラント等

 

▲正常な出産
  ただし、異常出産の場合は認められます。

 

▲経済的理由による人工妊娠中絶手術
  ただし、経済的理由以外の母胎保護法に基づく人工妊娠中絶手術は
  認められます。

 

▲ケンカ・泥酔など、不行によるケガの診療費

 

▲自殺未遂等、自分の故意による病気やケガ

 

▲業務上の病気やケガ(原則、労災適用となるため)

 

▲加害者のいる事故による病気やケガ(加害者の支払いとなるため)

 

 

次の 業務上や通勤災害における病気や怪我は? に進む

 

病院代を安くする節約方法  のトップページに戻る