病院代を安くする節約方法

医療費控除を知らないと損です!!

1月1日から12月31日までの1年間に、自分や家族が支払った
医療費の合計が10万円を超えた場合、『医療費控除』の対象となり、
税務署に申告すること(確定申告)で税金が還付されます。

 

 

対象となる医療費は何でしょうか?
まず、病院で支払った医療費や薬局で買った薬代ですが、薬代も病院
で処方してもらったもの以外のドラッグストア等で購入した治療薬も
含めることができます。

 

 

具体的な対象となる薬は → 医療費控除の対象となる医薬品とは? を参照ください。

 

 

 

その他にも病院に通院するために使った電車代やタクシー代と
いった費用も含まれます。

 

ただし、タクシー料金については、電車やバスが利用できない場合や
病状からみて急を要する場合には、その金額が医療費控除の対象にな
ります。

 

電車代やバス代などのように人的役務の提供の対価として支出される
ものについては、医療費控除の対象となりますが、自分で車を運転し
て通院した場合のガソリン代や駐車場代は、人的役務の提供の対価と
なっていないので対象外です。

 

 
ですが、
通院のために隣に住む人に運転代を支払って運転をお願いしている場合、
その運転代は、通院のための労務の提供に対する対価に当たるために
医療費控除の対象になります。

 

 

では、医療費控除でいったいどれ位戻って来るのかというと

 

課税所得金額が500万円の方は税率が20%ですので、
医療費控除額が10万円だった場合、その20%の2万円が戻ってくる
ことになります。

 

医療費控除額は、以下の計算式になります。
 *1) その年の総所得金額が200万円未満の人は総所得金額5%の金額

 

次の 医療費控除の対象となる医薬品とは? に進む

 

病院代を安くする節約方法  のトップページに戻る