病院代を安くする節約方法

ジェネリック医薬品は、お得な薬?

安い理由

新薬(先発医薬品)の特許が切れた後につくられるため、開発期間が
短くて済み開発コストが抑えられることにより安くなっています。

 

 

安全性は大丈夫

ジェネリック医薬品(後発医薬品)は、先発医薬品と同じ主成分を
使い、効き目や安全性が先発医薬品と同等であると国から承認
されたお薬です。

 

 

 

ジェネリック医薬品に替えることにより、新薬に比べて1/4程度になる
ものもあり薬代の負担を軽減をすることができます。

 

ジェネリック医薬品に切替て薬代を安くすることは、まず自己負担の
3割部分が安くなり自分の財布にも優しい事はもとより、健康保険
が負担している残りの7割分についても安く抑えられることは、保険者
の財政の負担を軽減するので、結果的に健康保険料の引き下げ
にも効果があるのでお得になります。

 

 

日本の使用割合は?

海外、アメリカでは数量ベースにして7割がジェネリック医薬品となって
いますが、日本では2割程しか普及していないことを認識し、できる限り
ジェネリック医薬品にしていくことが国としてお得になっていきます。

 

 

次の 処方せんの有効期間はあるの? に進む

 

病院代を安くする節約方法  のトップページに戻る