病院代を安くする節約方法

海外で病院にかかった費用はどうなるの

海外旅行中や海外赴任中に急な病気やけがなどにより、やむを得ず
現地海外の医療機関で診療を受けたときも、申請により一部医療費
の払い戻しを受けることができます。
 

 

その払い戻しの金額は、日本国内の医療機関等で同じ傷病を治療した
場合にかかる治療費を基準に計算した額となるので、海外で支払った
治療費が、日本での治療より高い場合は、実際に支払った額より戻って
くる金額が大幅に少なくなる場合もあります。

 

 

また、治療を目的に海外に出向いた場合は対象外となります。

 

申請するには、添付資料として下記のものが必要となります。
 

 

現地で支払った領収書の原本はもちろんのこと診療内容明細書および
領収明細書とそれぞれの日本語訳が必要となります。
なお、日本語訳については、翻訳者の住所・氏名を記入し押印をする
必要があります。

 

また、渡航期間がわかるパスポート等の写し(海外渡航中の加入者が
当該期間に診療等を受けた場合)も必要となる場合があります。

 

外貨で支払われた医療費については、支払いされる時の外国為替
換算率(売レート)を用いて円に換算して支給されることになります。

 

 

次の いきなり大病院に行くと特別な料金がかかる に進む

 

病院代を安くする節約方法  のトップページに戻る