病院代を安くする節約方法

かかりつけの医者をつくる

身近にいて何でも相談できる主治医を見つけましょう。
医療に関する事全ての「一番最初の相談役」となるべき医師として
まず、ここに来れば安心と思えるような、気軽に話せ、相談にものっ
てくれる「かかりつけの医者」をつくりましょう。

 

 
最新の高度医療機器があったり、専門的な治療をしてくれるなんて
イメージしてしまうのが総合病院と呼ばれる大きな病院で、いつも
多くの患者さんが来院して、待ち時間がとても長いものなのですが、
さらには、紹介状なしで最初に受診すると、初診料に加えて、『特別
料金』が加算される場合があります。
→ いきなり大病院に行くと特別な料金がかかる

 

 

 

かかりつけの医者を持つことのメリット

普段から体の状態や飲んでいる薬など、知っているので緊急時で
あっても素早い適切な対応ができること。
自分はもとより、家族全員の健康管理をしてもらえること。
日常の健康管理を食事面や運動面を含めのアドバイスをしてもら
えること。

 

 

かかりつけの医者を選ぶ時のポイント

まず、すぐに駆け込めるように家の近くにある病院かどうか
病気・治療についてきちんとわかりやすく説明してくれる医師かどうか
医師が幅広い知識をもっていて、必要な時には適切な医療機関を
紹介してくれるかどうか

 

 

次の 病院代が高額になった時は に進む

 

病院代を安くする節約方法  のトップページに戻る