病院代を安くする節約方法

病院代が高額になった時は

病院代が高額になった時は、『高額療養費制度』と言って、
同一月(1日から月末まで)にかかった医療費の自己負担額が
一定の金額(自己負担限度額)を超えた場合、それ以上は
支払わなくてもよいという制度があります。

 

公的な医療保険制度なので、基本的には誰でも利用できます。

 

70歳未満の方であれば、自己負担限度額は以下の通りです。

所得区分

3回目までの上限額

4回目以降の上限額

上位所得者 150,000円+(総医療費-500,000円)×1% 83,400円
一般 80,100円+(総医療費-267,000円)×1% 44,400円

低所得者
(住民税非課税)

35,400円 24,600円

 

所得区分が一般の方であれば、目安として病院の窓口で 1ヶ月の
合計金額が80,100円以上支払った場合、上の表の計算式により、
自己負担限度額が決まり、上限額を超えた部分の支払いを既に
しているばあいは、申請により払い戻しを受けることができます。

 

詳しくは、こちらの厚生労働省の作成している高額療養費制度についての資料を参照ください。

 

ポイント1

払い戻しを受ける場合は、診療を受けた月の翌月の初日から
2年です。
 したがって、2年以内であれば、過去にさかのぼって支給申請
することができます。

 

ポイント2

 同じ保険の被保険者と被扶養者(家族等)であれば、月単位で
合計した金額で判断されます。
 合計できるものは、
70歳未満の方は、病院ごとに、医科の入院分、医科の外来分、
歯科の入院分、歯科の外来分に分けて集計し、その集計が
21,000円以上になるものと
70歳以上の方の分は、すべての金額を合計することができます。

 

ポイント3

 外来(通院)の場合は、診察を受けた病院の医療費と薬を処方
されて薬局で薬代を払った場合は、
70歳未満の方は、その合計金額(診察代+薬代)が21,000円以上
であれば、合算の対象となります。

 

次の 医療費が高額になりそうなときは限度額適用認定証を利用しましょう。 に進む

 

病院代を安くする節約方法  のトップページに戻る