病院代を安くする節約方法

薬だけ出して下さいとお願いすると診察料はどうなる?

基本的に薬を処方するには、
前と同じ薬のみを出す(処方箋をもらう)だけでも診察した上で出す
ことになっております。

 

 
したがって医師が直接診察していない場合でも、状況確認の上、症状
の変化なしで前回の処方と同じでよいと医師が診断した結果、前回と
同様の薬を処方したことになっています。

 

このことより、薬だけ出して下さいとお願いしても、処方料(投薬料)
に加えて必ず、診察料を取られます。医療費の節約にはなりません。

 

 
待ち時間の節約にはなりますが、その時に時間の余裕があり、健康上
気になるところが少しでもあるなら診察してもらったほうがいいです。

 

薬だけ出して下さいとお願いしても診察料が取られなくなる訳ではない
ので、長期に渡って薬を服用しなければならない場合は、できるだけ
1回に処方してもらう薬の量を増やしてもらって、薬を取りに来る回数
を減らすことが、この場合の節約の方法と言えます。

 

 

次の 「高額療養費」と「医療費控除」の違い に進む

 

病院代を安くする節約方法  のトップページに戻る