病院代を安くする節約方法

亡くなられた場合に埋葬料というのがあります

健康保険の場合

 

被保険者が業務外の事由により亡くなった場合、亡くなった被保険者
により生計を維持されて、申請により埋葬を行う方に「埋葬料」として
5万円が支給されます。

 

埋葬料を受けられる方がいない場合は、実際に埋葬を行った方に、
埋葬料(5万円)の範囲内で実際に埋葬に要した費用が「埋葬費」
として支給されます。

 

また、被扶養者(家族等)が亡くなったときは、被保険者に「家族埋葬料」
として5万円が支給されます。

 

 

国民健康保険の場合

 

葬祭費と呼ぶようです。
被保険者が死亡した場合、申請をすれば、その葬儀を行った人に
葬祭費が支給されます。
支給額は市区町村により異なっていますが、おおよそ2万〜5万円
程度のようです。

 

 

次の 入院するなら月初めが良い? に進む

 

病院代を安くする節約方法  のトップページに戻る