病院代を安くする節約方法

処方せんの有効期間はあるの?

処方せんの使用期間は、
保険医療機関及び保険医療養担当規則の第20条第3号イにおいて、
「交付の日を含めて4日以内」と定められています。

 

しかもこの4日の中には、土曜日、日曜日、祝祭日も含まれています。
処方せんをよく見ていただくと分かるのですが、「処方せんの使用期間」
欄には、「特に記載のある場合を除き、交付の日を含めて4日以内に
保険薬局に提出すること。」と記載されています。

 

 
処方せんの使用期間を原則として、交付の日も含めて4日以内と定めて
いる理由としては、
厚生労働省の言い分でありますが、処方せんは、医師が処方日現在の
患者の症状を考慮して必要分の薬について記載して交付するものなので
交付の日から日数が経過した場合には、診察した当時からみて患者の
症状が変わり、処方薬がその時点では安全かつ有効なものとはいえなく
なるおそれがあるためと説明しています。

 

病院で処方せんを出してもらったらすぐ保険薬局に行くのが良いです。
患者本人でなくても家族でも処方せんを薬局に持っていけば、薬を出
してもらうことができます。

 

 
処方せんの使用期間を過ぎてしまうと、その処方せんは無効となり、
再発行してもらう必要がありますが、また病院に取りに行かなければ
ならなくなるばかりでなく、この再発行にかかる費用については保険
請求が認められず、患者(被保険者)が全額負担することになります。

 

 

病院に行って診察してもらい薬が必要で処方せんが出た場合は、
診察代とその薬代は1つの外来(通院)として、足し合わせた合計
が、1回の医療費としてみることができます。

 

したがって、その合計金額が約8万円を超えると高額療養費制度
が利用できてある金額以上は、支払いが免除されたりお得になる
のですが、まれに月末に受診して診察を受けた日に薬局に行けなく
て翌日に月をまたいで薬局に行き薬を買った場合などは、診察月
と調剤月が違う月になるので、合計することができなくなるといった
ことも発生すると大きく損をすることになるので注意してください。

 

 
どうしても4日以内に薬局に行くことができない場合は、その旨を医師
に伝えましょう。

 

長期の旅行等特殊な事情により、患者が4日以内に薬局に行くことが
できない場合は、医師が医学的に差し支えないと判断する限りにおい
て「処方せんの使用期間」欄に具体的な年月日を記載することにより、
その当日まで有効になります。

 

 

次の 口臭対策 体臭 加齢臭 に進む

 

病院代を安くする節約方法  のトップページに戻る