病院代を安くする節約方法

病気やけがで会社を休んだ時は

こちらは、健康保険組合や協会けんぽ、共済組合に加入の方には
ありますが、国民健康保険の加入の方にはありません。

 

傷病手当金は、病気休業中に被保険者とその家族の生活
を保障するために設けられた制度で、被保険者が病気やケガ
のために(現在の仕事ができない)会社を休み、休んでいる間
事業主からの給与が受けられない場合に支給されます。
 
支給される金額は、今までもらっていた給与の3分の2に相当し、
支給期間は、支給開始日から最長1年6ヶ月となります。

 

ポイント1

傷病手当金の支給申請には、会社側の欠勤の証明や給料の
支払いをしていないことの証明が必要となりますが、それに
加えて、医者が労務不能(現在の仕事ができないこと)である
旨の意見の記載が必要となります。(下記 申請書 参照)

 

したがって、自分の勝手な判断で休まず、必ず病院に行き
診察してもらっておくことをオススメします。

 

ポイント2

支給を受けるには、連続する3日間を含み4日以上仕事に就け
なかった日が支給対象となりますので、連続して3日休まない
と成立しません。この3日に有給休暇、土日・祝日等の公休日
も含まれるので、いつから労務不能であったかを明確にする
意味でも、早めに治療する意味でも、早く病院に行き診察して
もらいましょう。

 

次の 亡くなられた場合に埋葬料というのがあります に進む

 

病院代を安くする節約方法  のトップページに戻る