病院代を安くする節約方法

小児科で診てもらえるのは何歳まで?

小児科で診てもらえるのはいつまでかということになると、
一般的に15歳前後が境目となっていますが(15歳から大人と同じ薬量
を飲むことができるようになるから)、病気の種類などで、個別に変
わってくるというのが実際のところのようです。

 

 
日本小児科学会では20歳までを対象としていますし、病院によっては、
児童福祉法に則って18歳までを小児と考え、原則的に高校を卒業する
までを対象としているところもあるようです。

 

 

小児科においては子どものかかりやすい病気であったり、子ども特有
の病気を専門に診ますし、内科においては成人一般のかかりやすい病気
や成人特有の病気を専門に診るので、少なくとも15歳前後までは、小児科
で受診するほうが安心かと思われます。

 

 

 

個人病院において、一人の先生しか診察しないのに、内科、小児科、
循環器科と複数の診療科目を掲げてるところがありますが、病院を
開くにあたっては、内科が専門であっても小児も診ることが出来る
と自身で判断すれば、申請により小児科も掲げることが可能です。

 

 

しかし、看板等の表示には得意分野である自分の専門分野を前に掲
げている場合が多いので、例えば、小児科に子供を連れて行く場合、
「内科・小児科」と表示している病院に行くよりは、「小児科・内科」
と表示している病院へ行く方が一般には良いようです。

 

 

次の 健康保険が使えない診察は? に進む

 

病院代を安くする節約方法  のトップページに戻る