病院代を安くする節約方法

子供を出産する時の入院費は

出産育児一時金制度とは、健康保険や国民健康保険などの
被保険者またはその被扶養者(配偶者や家族等)が出産した時、
出産に要する経済的負担を軽減するため、一定の金額(39万〜
42万円)が申請により支給される制度です。

 

一児につき42万円(産科医療補償制度の対象外となる出産の
場合は39万円)の出産育児一時金が支給されます。
つまり、双子の場合は、42万円×2人=84万円となります。
             (39万円×2人=78万円)
 

ポイント1

直接支払制度を利用すると、出産費用として多額の金額を用意
する必要がなくなります。

 

 

直接支払制度を利用すると、病院が被保険者に代わって出産育児
一時金の申請、受取を行います。

 

病院に保険証を提示し、退院するまでに病院において直接支払
制度の手続き(合意文書の取り交わし)をしてください。

 

これにより、出産費用について42万円(39万円)を超える部分がある
場合のみ病院へ支払うこととなります。

 

出産費用が42万円(39万円)より少ない場合は、保険証の発行元
である市役所や協会けんぽ、健康保険組合に申請して、差額を受け
取ることができます。

 

次の 産休中の休業補償 に進む

 

病院代を安くする節約方法  のトップページに戻る