病院代を安くする節約方法

産休中の休業補償

こちらは、健康保険組合や協会けんぽ、共済組合に加入の方には
ありますが、国民健康保険の加入の方にはありません。
 
被保険者が出産のため会社を休み、その間に給与の支払いを
受けなかった場合は、
出産の日(実際の出産が予定日後のときは出産予定日)
以前42日(多胎妊娠の場合98日)から
出産の翌日以後56日目までの範囲内で、

 

会社を休んだ期間を対象として出産手当金が支給されます。
出産日は出産の日以前の期間に含まれます。

 

また、出産が予定日より遅れた場合、その遅れた期間についても
出産手当金が支給されます。
 

ポイント1

出産のために退職される場合は、退職日に注意してください。
いつ退職するかで、退職後も出産手当金がもらえたり、
もらえなかたりします。

 

退職日まで被保険者期間が継続して1年以上あり、退職日までに、
現に出産手当金の支給を受けているか、
受けられる状態(出産日以前42日目が加入期間であること、
かつ、退職日は出勤していないこと)であれば、
退職後も所定の期間の範囲内で引き続き支給を受けることができます。

 

 

次の 病気やけがで会社を休んだ時は に進む

 

病院代を安くする節約方法  のトップページに戻る