病院代を安くする節約方法

「高額療養費」と「医療費控除」の違い

『高額療養費』とは、

 

健康保険制度(公的医療保険)では、思わぬ入院等により医療費が高額
になる場合がありますが、一定の金額(自己負担限度額)を超える医療
費を支払った場合に申請することで、自己負担限度額を超えた部分を払
い戻しできる「高額療養費」という仕組みがあります。

 

⇒ 高額療養費については、 こちら

 

『医療費控除』とは、

 

また、税法には、納税者本人と生計を一にする家族のために医療費を
支払った場合、申告により、かかった医療費の一部を税金から差し引く
「医療費控除」という仕組みがあります。

 

この二つの仕組みは、不慮の事故や入院等で多額の医療費を支払った場合
の負担を軽減するために設けられたものです。

 

 おもな相違点は下記の表をご参考ください。

制度

申請・申告先

対象となる期間

内 容

高額療養費

加入している医療保険者
健康保険証に記載されています
(協会けんぽ、健康保険組合、国民健康保険など)

同一月内
(1日から月末まで)

医療費
(保険適用分)

医療費控除
(所得控除)

税務署

同一年内
(1/1〜12/31の1年間)

税金

 

 

次の 医療費控除を知らないと損です!! に進む

 

病院代を安くする節約方法  のトップページに戻る